02 おでかけ

何度行っても楽しい! 「八木山動物公園フジサキの杜」へ行ってきました!

- 2020.08.14
URLをコピーする
何度行っても楽しい! 「八木山動物公園フジサキの杜」へ行ってきました!

アクセスが良く、自然いっぱいの「八木山動物公園フジサキの杜」。息子のたかぼんが0歳の頃から遊びにきています。
連れて来る度、動物を見たときの反応が変わるのでで隣で見ていて楽しく、子供の成長を感じることができます。

お天気がいい日はわが子に外でたくさん遊んでほしい! そう思っているお母さんにもおススメしたいお出かけスポット。実際に行ってきたのでレポートしていきます! 
2歳になったたかぼん。今回はどんな反応をするのでしょうか?!

周辺情報


八木山動物公園フジサキの杜(当時は仙台市八木山動物公園)は1965年に開園しました。自然をできるだけ残す方針のもと、建設されています。
八木山球場の跡地にアフリカ園が造られており、園内にベーブ・ルースの記念像があるなど仙台市の歴史を感じることもできます。

八木山動物公園の向かいには八木山ベニーランドがあり、この一帯は仙台市の行楽スポットとなっています。2015年に仙台市地下鉄東西線が開通し、八木山動物公園駅ができたことでアクセスがさらに良くなりました。

アクセス


車で行く場合は八木山動物公園の駐車場が利用できます。
※普通車 最初の30分まで無料。以降30分毎に100円(上限500円)
週末やゴールデンウイーク等の祝日は駐車場および周辺道路が大変混雑しますのでご注意ください。


仙台市営地下鉄東西線 八木山動物公園駅から直結しているので便利です! エレベーターもあるのでベビーカーでもスイスイいけます。



改札を出て、正面へ進んだところにある中央1番出口が動物公園への連絡口。
エレベーターがあり、ここから5階へ上がると八木山動物公園の西門に行くことができます。


5階に着くと「八木山てっぺんひろば」があり、快晴の日は仙台湾まで見渡すことができます。
八木山動物公園駅は開業時、「日本一標高の高い地下鉄駅」と認定されていました。

ここに着いただけでもたかぼんはテンション上昇!


子供と一緒のときは、とにかく広くて安心して歩けるところがあると嬉しいです。
この広場に遊びに来るだけでもいいなぁと思います。
「見て~! 見て~!!」と、ごきげんです。

動物公園に向かいます!


「なにこれ~!」と、たかぼんが近寄ります。


入り口前には動物をモチーフにしたオブジェがありました! 


動物公園に入る前からたくさん遊べて楽しいです!
今日は動物のどんな姿に出会えるかな? わくわく感を演出してくれます。


きれいで広々とした入り口です。チケットを購入していざ出発!
未就学児の入場料は無料なのでありがたい……! 遊びに来やすいポイントの一つです。
私も持っている、八木山動物公園の年間パスポートもお得ですよ。
詳しい情報や最新情報は、公式Webサイトをご確認ください。

今回入場したのは地下鉄と直結している西門。駅から出て北東に進むと東門があります。待ち合わせの際には十分ご注意ください!


八木山動物公園は子供を連れて歩くにはちょうどいい広さですが、坂道もあるのでなるべく身軽で歩きやすい服装や靴をおすすめします!

動物たちといよいよご対面



今回は、アフリカ園から見て回ることに。
実際に動物たちが生息している環境の再現を目指して作られています。


アミメキリンとグラントシマウマは同じエリアにいて、仲良しなのだそう。
いろんな動物が一度に一緒に見られるのは八木山動物公園の特徴のひとつとなっています。


森の隙間からのぞいている! という感覚です。

前回来た時よりもさらに、動物の名前を話したり、「食べてる」など様子をじっと観察して言葉にしてみたり、一生懸命なたかぼん。
本やテレビで目にしていた情報と実際の生き物の様子を結びつけているのかな? と感じました。


実は今回初めて入ったアビシニアコロブスのお部屋。
親子がじゃれている様子がかわいい!

静かに待っていると、窓の近くまで来てくれることも!
アフリカゾウの隣のスペースにあるので、ぜひ覗いてみてください。


今回は初めてアフリカゾウのえさやり体験ができました!
いつも人気で即、終了になるイベントです。

絵本やイラストで大好きなゾウ。これまでは「ゾウ」と認識していなかったのか何度か動物園で見ても反応が薄かったたかぼんですが、今回はかわいい! と大興奮。


ゾウさんのごはんは、にんじんとリンゴなんだね! 大きいね!
と、話しながら楽しく順番を待ちます。


まだ2歳ひとりでは難しいので、一緒にトライ!
鼻をヒクヒクさせながらゆっくりと、アフリカゾウのほうから鼻を伸ばしてきてくれます。

器用に鼻先でつまんで、お口にあーん!
たかぼんは「わぁ!!」と、笑顔に。もっとあげたい!! と楽しそうでした。


皮膚のごつごつした感じや呼吸の音も聞こえて、迫力がありました! 大人も楽しい!
帰宅してからもゾウの話をたくさんしてくれたので、とても印象深かったんだと思います。

人数やえさの個数には限りがあるので、詳細や最新情報を公式Webサイトでご確認の上お出かけください。
 

次はふれあい館へ向かいます!





ロバやインコ、ウサギ、カピバラといったキュートな動物たちがお出迎え。
近くで見ることができるので、毛の柔らかさやまばたきの様子など、じっくり見ることができます。

今回初めて、ヤギとヒツジのふれあい体験に参加しました!



ドキドキした表情をしながらも、積極的に近づくたかぼん。
でも、最初はなかなか触りません。


横からゆっくり近づいて、優しくなでなでしてね。と、言うと今度は躊躇なくタッチ。



そのあとは一人でもどんどん近づいて、なでなで行脚です。


慣れてきて、お顔をじっくりみてまねっこ。


あっという間にヤギやヒツジと仲良くなれました!
「かわいいー」と言いながら楽しそうな姿に私も嬉しい気分。

しっかり手を洗って、ランチに向かいます。


園内にはいくつかごはんが食べられる場所がありますが、今回はグーグーテラスでいただきます。



店内は天井が高く、たくさん光が降り注ぎ開放感があります。
天気がいい日はテラス席もおすすめです!


子供が食べられるメニューも充実しているのが嬉しいポイント。
今回は「しろくまプレート」と、「いろどり野菜の厚切りベーコンピザ」にしました。

「しろくまプレート」
「しろくまプレート」
「いろどり野菜の厚切りベーコンピザ」
「いろどり野菜の厚切りベーコンピザ」

かわいい! 盛り付けが鮮やか! 
まずは目で楽しみます。たかぼんも嬉しそうです。


いただきます!!


ハンバーグにエビフライにポテト! 子供が好きなメニューがギュッと詰まったプレートです。しろくま(ホッキョクグマ)の顔と手形がポイントになっています。


ハンバーグ大好き! あむ!
こぼさないかな? と心配の表情の私です。


おいしい! 
たかぼんはハンバーグ大好きなのですが、この日はすごくまじめな表情で食べていました。
チーズとソースがハンバーグとマッチして大人もおいしいプレートです。


具だくさん! 私はピザをいただきます!
隣からたかぼんの心配そうなまなざし……
私もこぼさないか心配されている?


伸びるチーズ! 生地ももちもちでおいしいです。
ベーコンの塩味がきいています!


「動物園の中の食堂でしょ?」と、侮れない!
味も見た目も大満足。ランチの時間も楽しく過ごすことができました!


ふれあいの丘ではフリーフライトを見ることができます。
カラフルで大きなルリコンゴウインコが登場!


目の前をビュン! と飛んでいく姿は迫力があります。
かなり近い距離で見ることができるので、大人にもカメラが趣味の方にもおススメです。



は虫類館の前には、夏の定番のカメハウスが! 寒い時期には室内で過ごしていますが、温かい季節になると外のプールにお引越しするんだそうです。
のんびり泳いだり歩いたりするカメに癒されます。




東門方面に進んでいくと、活発に動くチンパンジーがいたり、物憂げに膝を抱えているアジルテナガザルや、柵を上る元気なワオキツネザルの赤ちゃんがいたりと様々なサル達がいました。


モグモグしているサルをみつけて、自分の口もモグモグするたかぼん。
赤ちゃんを見つけて喜んだり、じっと見つめたりたくさん感じ取っている様子に私も嬉しくなります。


人気の猛獣舎に進みます!


百獣の王、ライオンが最初に登場です!
本物のライオンをちょっと怖そうにみつめていました。


まだ子供のライオンのようですが、貫録があります。
ガラス側から見てみると、ぐっと距離が近くなり迫力UP!



次へ進むと、スマトラトラがいました。
毛並みがつやつやとしていて、美しい。
たかぼんは、「あ! いた!」と、姿がどこにあるのか見つけて嬉しそうです。


大きな大きなホッキョクグマ。
ガラス面が大きく、広々しているので見やすいです。


ふわふわもこもこ。
のんびり過ごしている様子に癒されます。


一緒に写真が撮れるフォトスポットがありました!
日陰にもなっているので、暑い日は涼みながらホッキョクグマを見ることもできます。




猛獣舎を出て歩いていると、フクロウやワシなどの大きなトリ達が胸を張りながら堂々と木にとまっているのが目に入ります。
プレーリードッグ、アナグマなどのかわいらしい小動物なども元気いっぱいに活動していました!



人気のツキノワグマです。タイヤにはまっておちゃめに遊んでいました。
なかなかタイヤから抜けられなくて転んだりじたばたしたり。ぬいぐるみのようなふわふわのボディもかわいさを感じさせます。



さるやまは、上から見下ろすスタイルでガラスも大きいので子供でも見やすいです!
走ったり毛づくろいしたり、いろんなニホンザルがいるのでずっと見ていられそう。


愛くるしいレッサーパンダ。
かわいさ満点のサービスショットを披露してくれました!




アカカンガルーやラマ、フタコブラクダも近い距離でみることができます。
毛のふさふさ具合も目視できるほど。

お散歩しながらたくさんの動物と触れ合うことができました。



お手洗いやオムツかえができるトイレは園内に複数あるので安心です。
授乳室は西門、ふれあいの丘にあります。



ベビーカーレンタルがあるので、ずっと歩くことが難しい年齢のお子さんがいらっしゃる方にはおすすめです。
また、グッズも充実しているのでお土産や思い出の品探しに立ち寄るのも楽しいですよ。


何度行っても楽しめる、八木山動物公園フジサキの杜。
行くたびに動物の様子も、子供の反応も違うので新鮮な気持ちで遊びに行っています。
たかぼんの成長を、今回もたくさん感じることができとても嬉しかったです。

仙台市内からのアクセスもよく、園内の道幅が広いので子供を連れて遊ぶにはとてもありがたい環境です。今度はいついこうかな?

八木山動物公園の園内の最新情報や動物たちの様子は、公式WebサイトやTwitterYouTubeをご覧ください!

八木山動物公園フジサキの杜
宮城県仙台市太白区八木山本町1-43
3月1日~10月31日 午前9時~午後4時45分(ただし入園は午後4時まで)
11月1日~2月末日 午前9時~午後4時00分(ただし入園は午後3時まで)
休園日 毎週月曜日 12月28日から1月4日
※月曜日が祝日や振替休日にあたる場合は、火曜日が休園日
八木山動物公園フジサキの杜 公式Webサイト

撮影:はま田 あつ美

TOP