04 ニュース

仙台のおでかけ情報 10月1日〜15日

- 2019.09.25
仙台のおでかけ情報 10月1日〜15日

こんにちは、KURASHITOのtomoeです。

気付けばあっという間に秋めいてきましたね……。
今回も思わずお出かけしたくなるようなイベントをたくさん紹介しますよ!

東北HAPPY HOLIDAY2019


音楽とともに幸せな休日を、東北で!

10月6日(日)仙台市西公園にて開催される無料野外フェス、「東北HAPPY HOLIDAY」のご紹介です。
主催は全国を飛び回る仙台在住の旅人シンガーソングライター、@なおポップさん。全国各地での素晴らしいミュージシャンとの出会いを経て、「東北人にとっては東北にいながら全国各地の音楽や人に出会える場所に」「全国のミュージシャンや、追いかけてきてくれるリスナーにとっては東北を知るきっかけに」そんな思いで始められた音楽祭とのことです。
「好き」の延長でどこまで行けるかという運営方法のもと、大々的な企業スポンサーをつけずに続くこちらのフェス。今年のクラウドファンディングにて目標金額を超え、なんと1,131,000円もの支援が集まったそうなんです……!本当に、たくさんの方が開催を心待ちにしているイベントなのだと実感させられますね。
どんな方々が出演されるのか気になった方!主催の@なおポップさんが、ブログにてご自分の目線と言葉で丁寧に出演者のご紹介をされています。イベント詳細ページから飛ぶことができるのでぜひチェックしてみましょう!

東北HAPPY HOLIDAY2019
日程:2019年10月6日(日)
時間:開演予定 11:00 終演予定 19:30
会場:仙台市青葉区西公園(お花見広場)
〒980-0823 仙台市青葉区桜ケ岡公園1-3
主催:東北HAPPY HOLIDAY実行委員会
東北HAPPY HOLIDAY2019 公式ウェブサイト

自転車と旅の日~マルベロ『 MARUVÉLO à marumori 』




気分は旅人。ゆったりと流れる時間を丸森で

丸森町の美しい蔵が建ち並ぶ登録有形文化財「齋理屋敷」にて、マーケット、音楽、アートを楽しむことができる「MARUVÉLO à marumori」が開催されます。
マルベロのマルは「丸森」と「マルシェ」。美しく自然豊かな丸森町に、いろいろな国のお茶や食べ物が集います。今年のカフェブースでは佐藤商店さんの協力でワインが充実!木陰でワインを嗜むなんておしゃれ~!
ベロはフランス語で「自転車」の意味。ヨーロッパ仕込みのプロサイクルショップの出店や、イラストレーターの小河原政男さんによる『ツール・ド・フランスの風景画』展示販売があります。
タイムスリップしたかのような気分が味わえる齋理屋敷新館では、音楽家の青柳拓次さんによるミュージックライブ「~旅と音楽~」が開催されますよ。
丸森駅にはレンタサイクルがあるので、風を感じながら自転車で訪れるのも気持ちが良さそう!入場無料ですがミュージックライブのみチケット制となっております。イベント詳細ページをご確認ください!

自転車と旅の日~マルベロ『MARUVÉLO à marumori』
日程:2019年10月5日(土)
時間:10:00~16:00
会場:丸森町齋理屋敷
〒981-2165 伊具郡丸森町字町西25
主催:マルベロ実行委員会
イベント詳細ページ(Maruvélo公式Facebook)

仙台・杜の都のクラフトフェア 2019




作品との出会いは一期一会。お気に入りを見つけよう!

駅からもアクセス良好のサンモール一番町商店街にて開かれる、私のようなクラフト好きにはたまらないイベント、「仙台・杜の都のクラフトフェア」。作り手と使い手が日常の街中で出会い、「モノ」を介していろいろな事に想いを巡らせる……。そんな機会になることを願い今年も開催されます。
2019年の出展作家さんも公開されました!陶磁器、ガラス、金属、革、テキスタイル、紙など、今回も全国から様々な作家さんが作品を持ち寄り、アーケードを彩ります。イベントのInstagramも拝見しましたが、どれも暖かくて優しくて、手にとってみたくなるようなものばかり。4箇所のワークショップではお箸や苔玉など、いろんなモノづくりを体験することができますよ。
ぜひたくさんのお店を見て回って、自分だけの一品を見つけてみてください~!

仙台・杜の都のクラフトフェア 2019
日程:2019年10月4日(金)~5日(土)
時間:4日(金) 11:00~19:00
5日(土) 10:00~18:00
会場:仙台サンモール一番町 商店街アーケード
〒980-0811 仙台市青葉区一番町2丁目 サンモール一番町商店街
主催:仙台・杜の都のクラフトフェア実行委員会
仙台・杜の都のクラフトフェア 2019 公式ウェブサイト

OROSHIMACHI Art Marche 2019


芸術の秋!卸町で新たな発見を

若林区にある卸町は、大きな工場や倉庫がたくさんあり、並木をトラックが行き交う仙台市の流通拠点。そんな卸町の新たな側面を再発見できる「OROSHIMACHI Art Marche 2019」をご紹介します。
今回が3回目となるこちらのイベント。「仙台市卸町を、全国からアートの集う 芸術のまちに」というコンセプトのもと、演劇やダンスなどさまざまな芸術作品が披露されます。
ステージラインナップが公開される中、個人的に目にとまったのは村田正樹さんによるタップダンス「MURATA 黄昏」。日常の断片を切り取った心象風景をイマジネーションの原点としているとのことですが、タップダンスでどう表現されるのか!気になって仕方ないです~!
他にも人気のカフェや食堂、手作り雑貨やワークショップを楽しめるブースもありますよ。ぜひ卸町で芸術の秋を堪能してみませんか?チケット、タイムテーブルについてはイベント詳細ページをご確認ください。

OROSHIMACHI Art Marche 2019
日程:2019年10月11日(金)~14日(月)
会場:せんだい演劇工房 10-BOX、能-BOX 他
〒984-0015 仙台市若林区卸町2丁目12-9 他
主催:せんだい卸町アートマルシェ実行委員会
OROSHIMACHI Art Marche 2019 公式ウェブサイト

6LABO vol.51「テキスタイルデザインに触れる」


テキスタイルデザインについで学んでみよう!

世の中には様々なデザインが溢れています。その中でも「テキスタイルデザイン」について考えたことはありますか?服飾・インテリアにおける織物のデザインのことを言い、柄や生地の素材、加工方法、配色なども含まれます。
そんなテキスタイルデザインについて学ぶことができるイベントが、10月3日(木)に春日町にあるシェア型複合施設「THE 6」で開催されます。ゲストは宮城県出身の大江ようさん。仙台を拠点に活動されているテキスタイルデザイナーです。
お気に入りの衣服、ソファやカーテンなど、私たちの生活の中には数えきれないほどのテキスタイルが存在していますよね。それらがどんな風にデザインされているのか知れば、きっと今までとは違う視点で家の中を見渡すことができるはず。
気になる方は早めにお申し込みくださいね!

6LABO vol.51「テキスタイルデザインに触れる」
日程:2019年10月3日(木)
時間:19:00~20:30
会場:THE6 3F ワークラウンジ
〒980-0821 仙台市青葉区春日町9番15号 THE 6 3階
定員:30名(要事前予約)
参加費:1,000円(当日精算)
申込み・問合せ:contact@the6.jp
イベント詳細ページ

寝かせ玄米炊き方教室inいろは 仙台なないろの里アンダンチ店




健康的でもちもち美味しい!寝かせ玄米の炊き方教室

玄米を圧力釜で炊いてから3~4日熟成させる「寝かせ玄米」。健康や美容に良いとされていますが、自宅で炊くのはちょっとハードルが高かったりしませんか?水加減が面倒そうだったり、失敗するんじゃないか不安だったり、気になってはいるもののなかなか始められない方もいるのではないでしょうか。
そんな悩みを解決する、「寝かせ玄米炊き方教室」が仙台に出張!開催されるのは株式会社 結わえるさん。好きな食事を楽しみながら、普段は玄米食で健康の土台を整えるという“メリハリ玄米生活”を推奨している会社さんです。
教室は寝かせ玄米の作り方や炊き方、圧力鍋・土鍋・炊飯器で炊いたものの食べ比べ、食と健康のミニ講座等盛りだくさんの内容!写真を見るだけでもとってもおいしそうですよね……!ぜひこれをきっかけに、健康的でおいしい寝かせ玄米生活を始めてみませんか?

寝かせ玄米炊き方教室inいろは 仙台なないろの里アンダンチ店
日程:2019年10月12日(土)
時間:16:00~18:00(開場 15:30)
会場:いろは 仙台なないろの里アンダンチ店
〒984-0017 仙台市若林区なないろの里1-19-2アンダンチ内
会費:3,500円(前金制につき申し込み後振込)
申込み・問合せ:
【電話での受付】
03-3863-1030(結わえる蔵前本店)
受付時間 10時~20時
【メールでの受付】
info@yuwaeru.co.jp
イベント詳細ページ(アンダンチ 医食住と学びの多世代交流複合施設 公式Facebook)

いかがでしたか?
過ごしやすい気温になってきたので、ぜひいろんなところにおでかけしてみてください~!

TOP