01 おでかけ

文化横丁「甘味処 すずや」で話題の和風スイーツを堪能!

- 2020.12.18
URLをコピーする
文化横丁「甘味処 すずや」で話題の和風スイーツを堪能!

仙台に来る友人が「素敵!」と声を漏らす場所があります。
「壱弐参(いろは)横丁」と「文化横丁」です。ついついはしご酒を楽しみたくなるあの小道が今回の舞台。

2020年10月に青葉区二日町から移転オープンされた「甘味処 すずや」をご紹介します!

アクセス

地下鉄南北線 青葉通一番町駅から徒歩3分程度。サンモール一番町商店街から文化横丁に入ってすぐです。


小さな丸い看板が、老舗も立ち並ぶ小道に溶け込んでいます。


店主の鈴木さんは、もともとこの場所で「ワイン食堂 enji」を営まれていました。東一市場で「大衆酒場 つばめの巣」の営業もされています。

2019年夏、「つばめの巣」の3周年に合わせ二日町にテイクアウト専門店としてオープンした「すずや」は、「enji」の跡地に、テイクアウトカウンターとイートインスペースを増設して移転リニューアル。イートイン限定のメニューも楽しめるようになりました!




お店の2階がメインのイートインスペースです。お部屋が2つあり、ほとんどが2名席になっています。



アートやインテリアで和風すぎない抜け感がある店内がおしゃれです!

仙台在住のイラストレーター描き下ろしグッズも発見!

オリジナルタンブラー 各1,500円 +消費税
オリジナルタンブラー 各1,500円 +消費税
オリジナルグラス 各650円/ペア1200円 +消費税
オリジナルグラス 各650円/ペア1200円 +消費税

オリジナルグッズはグラスとタンブラー。仙台在住のイラストレーターさんが、1980〜1990年代をイメージして描きおろしたオリジナルイラストです。


すずやオリジナルタンブラーを持参するとドリンクメニューが毎回50円引きで楽しめます!


お次は、メニューをチェック! 和紙の本にチェキが貼ってある手作り感にほっこり。何が入っているのかも詳しく書かれていて、味の組み合わせを想像したり、好きな食べ物を探したり……これは迷っちゃいますね!

今回はオススメをお願いしました〜!


メニューに使われている素敵な和紙の本は、能(のう)の本なのだそう。系列店「つばめの巣」でメニューに使う予定だったので、表紙はどれもツバメが飛んでいます。
題材が違うもので何種類かあるみたいですが、達筆すぎて読めませんでした(笑)。

イートイン限定メニューをチェック!

「あんみつ」と「抹茶ショコラショ」
「あんみつ」と「抹茶ショコラショ」

イートイン限定の「あんみつ」と、「抹茶ショコラショ」をオススメしていただきました!


黒蜜をかける瞬間は、もちろんシャッターチャンス! 
サラサラしているのでゆっくり傾けるのがポイントになりそう。


スプーンに乗り切らないくらい大きな白玉。せっかくなので大きな一口でいただこうと思います!



いただきまーす!

もっっっっちもっちの白玉と、バニラアイス、上品な甘さのあんことみかんの酸味……。大きな白玉で口いっぱいなので、コメントしたかったのですが……笑いながら頷くことしかできませんでした(笑)。

おいしさの秘密はこだわりの白玉とあんこにあるみたい……。


こだわりは「白玉」と「あんこ」にあるのだそう。

白玉は毎朝お店で生地を仕込み、茹でたてを提供しているとのこと。大きくてボリューム満点になってしまうけれど、お皿の上のバランスを考えると白玉4つもこだわりなのだそうです。

そして、あんこは「冷えているときに、しっとり美味しいあんこ」であることがこだわりポイント。通常、煮詰めることで固めるあんこを、煮詰める前のタイミングで火からおろし、冷やし固めることでしっとり感を出しているのだそう。長時間常温に置いてしまったり、再加熱してしまうと溶けてしまうんですって!

白玉もあんこも、あんみつだけではなく、モナカにも使われているのでぜひチェックしてみてくださいね。


ドリンクは抹茶ショコラショ。ホワイトチョコレートの香りに負けず、しっかり抹茶の苦味や風味が感じられるホットドリンクで、これからの時期にまったり堪能したいお味でした!

スイーツは甘味がメインですが、ドリンクはコーヒーやクリームソーダ、柚子ソーダなどがありました。いろんな組み合わせでお気に入りを見つけられそうです!

さくらんぼをいつ食べようか作戦会議中
さくらんぼをいつ食べようか作戦会議中

お腹ぺこぺこで行きましたが、あんみつだけでもかなりの満足感! モナカもペロッと食べちゃおう〜と思っていましたが、テイクアウトすることに。



店内やSNSでメニューを見ていても、いざ目の前にすると悩んでしまうのは私だけでしょうか?
せっかくなので、モナカもオススメをいただきました!


「白あんマンゴー」
「白あんマンゴー」

「白あんマンゴー」には、白あん、発酵バター、マンゴー、ピスタチオが入っています。発酵バターが、白あんとマンゴーをしっとりまとめてくれます。ピスタチオの食感と風味がアクセントの上品なお味。白あんの中にも小さな発酵バターが混ぜ込まれていて、最後まで全部の食材が楽しめました!

夜に賑わう「文化横丁」のイメージでしたが、お昼から幅広い年代の人で賑わう「甘味処 すずや」。次は、白玉をきな粉と黒蜜だけで楽しむ「白玉きな粉」や、他のモナカも順番に制覇を目指そうと思います!




甘味処 すずや
住所:〒980-0811 仙台市青葉区一番町2-3-37
アクセス:仙台市地下鉄南北線 青葉通一番町駅 徒歩3分
営業時間:12:00-19:00(L.O.18:30)
定休日:不定休(Instagramにてお知らせ)
駐車場/駐輪場:なし
甘味処 すずや 公式Instagram

TOP