• ホーム
  • 読みもの
  • 食べる
  • 美容室とトーストサンド専門店?「BENCH salon&kitchen(ベンチ サロンアンドキッチン)」に行ってきました!
02 食べる

美容室とトーストサンド専門店?「BENCH salon&kitchen(ベンチ サロンアンドキッチン)」に行ってきました!

- 2021.02.17
URLをコピーする
美容室とトーストサンド専門店?「BENCH salon&kitchen(ベンチ サロンアンドキッチン)」に行ってきました!

まだまだ外出に気が抜けない日々が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?少しずつ日中の日差しは春らしくなってきましたね!

今回は、2020年11月にオープンした「BENCH salon&kitchen(ベンチ サロンアンドキッチン)」をご紹介します。
美容室とトーストサンド専門店が2つで1つのお店なのだそうですよ。気になりますね〜!

アクセス

仙台市地下鉄南北線「広瀬通駅」下車「西4出口」より徒歩7分。または、仙台市地下鉄東西線「青葉通一番町駅」下車「北1出口」より徒歩6分。「肴町公園」が目印です。


春には桜に囲まれる「肴町公園」。「BENCHI salon&kitchen」は、遊具が多く集まっている公園の西側にあります。


淡い水色が基調となった外観が可愛いです!


お店の前に設置されているベンチは、メニューになっています。
「美容室」と「トーストサンド専門店」。お店の中はどのようになっているのでしょうか?

さっそく入店!




店内は、手前がトーストサンド専門店の「BENCH kitchen」、奥が美容室「BENCH salon」になっています。
「BENCH kitchen」は外観と同じ水色の壁がアクセント。トーストサンドを入れるパッケージも水色で統一されていて可愛らしい雰囲気です。



「いらっしゃいませ!」と元気にお迎えいただきました。
オススメを伺い、人気定番メニューの「BLEC(ベーコンレタスエッグチーズの頭文字)」と新メニューの「バジルチキン」を注文!
完成まで8分程度かかるとのことで、作るところも見せていただきました。

韓国トーストスタイルのサンドイッチ

韓国で「トースト」というと、トーストに千切り野菜入りの卵焼き、ハムをはさんだものが主流なのだそう。主に屋台の朝メニューとして親しまれていますが、最近では韓国のカフェなどで「韓国トースト」として様々なスタイルに派生しているんです!

その派生スタイルを、より東北の人の好みに合わせて「韓国トーストスタイル」サンドイッチとして提供しているそうですよ。


使用するトーストの厚さは5cm!
食パン2枚でサンドするのではなく、厚切り食パンの真ん中に切り込みを入れ、具材を詰めることで『表面はサクッ 中ふわっ』を楽しめるのだそう。



熱々のトーストに、レタス、チーズ、ベーコンをリズムよくサンド。
最後にスクランブルエッグがたっぷり入りました〜!

バターも使用しているので、店内はバターとベーコンとトーストの香りで幸せ空間。まるでホテルの朝食会場にきたみたいです。

通常はテイクアウトのみですが、今回は特別に許可をいただき店内で食レポもお届けいたします!

定番人気メニュー「BLEC」


断面が食欲をそそる「萌え断」も良いですが、視覚に飛び込んでくるこの迫力もたまりませんね!
食べ方は「トーストの上側を軽く押さえ、思い切り上からかぶりつく」。シンプルでわかりやすい!


真上よりも、斜めから食べた方が具材が飛び出にくいそうですよ〜!
狙いを定めて……いただきまーす!


トースト上部をおさえることを意識しすぎて、箱を落としそうになりました。必死に小指でガード!!

(BLEC|トースト、ベーコン、レタス、エッグ、チーズなど)
(BLEC|トースト、ベーコン、レタス、エッグ、チーズなど)

一口目から全食材が口の中に入ってくるのが最高です!
サンドイッチの「楽しみにして食べたけど最初の一口目パンとマヨネーズだけだった」現象がこのサンドイッチには存在しません。

ベーコンの塩味、玉ねぎの爽やかさ、ほんのりバターが香るふわふわとろとろの甘いスクランブルエッグ。そして余熱でちょっとトロッとしたチーズ。朝ごはんらしい定番の組み合わせながらも、甘じょっぱさのバランスが期待を裏切らない一品です。

新メニュー「バジルチキン」

(チキンの大きさに、はしゃいじゃいました)
(チキンの大きさに、はしゃいじゃいました)

次に「バジルチキン」をいただきます!
こちらは現在のメニューで唯一、スクランブルエッグが入っていないメニューになります。


モッツァレラチーズまで一口で食べたい……!

(バジルチキン|チキン、レタス、トマト、モッツァレラチーズなど)
(バジルチキン|チキン、レタス、トマト、モッツァレラチーズなど)

ハーブが香る上品系を想像していたら、塩味濃いめのバジルソースで意外にもガッツリ系。
トーストの余熱でモッツァレラチーズが柔らかくなっていて食感の変化も楽しめました!

「サンドイッチだから2つ食べられちゃうかも」と思っていましたが、どちらのメニューも1つでも十分なボリューム感で大満足!

店舗前の「肴町公園」でテイクアウトを楽しむ際は、お店の前にゴミ箱が設置されているのでお食事後のゴミも捨てられますよ。

美容室もチェック!


店内奥の美容室はマンツーマン施術の完全予約制。
座席数も少なく、落ち着いた雰囲気です。予約を合わせて友人とセミプライベート空間を堪能するのも良さそう!


料金
カット     : 4,500円
カラー&カット  : 9,500円
パーマ     : 8,500円
トリートメント : 3,000円
(完全予約制/消費税別途)
予約・問合せ  : 022-738-9809

「BENCH salon&kitchen」阿部さんへインタビュー

「美容室」と「トーストサンド専門店」。
珍しいスタイルで営業されている「BENCH salon&kitchen」のオープンに至る経緯などを伺いました。

BENCH salon&kitchen キッチン担当:阿部さん
BENCH salon&kitchen キッチン担当:阿部さん

ー「美容室」と「飲食店」を併設してオープンした経緯をお伺いしてよろしいでしょうか?

関東圏では「美容室」に来たお客様がリラックスして過ごせるようにと「カフェ」を併設する店舗が増えてきています。しかし、当店は少し理由が違います。

実は、仙台市は面積当たりの美容室の件数が多い地域として有名なんです。
ほとんどの美容室が某大手サロン検索サイトなどに広告料を払い、新規顧客様の獲得をしていると思います。掲載している写真の雰囲気や、料金、クーポン、口コミをみて予約をしてくださるのですが、当店は、直接店内を見てもらう機会を作ろうと思いキッチンを併設しました。


ーたしかに、初めて行く美容室のほとんどが予約当日に店舗で初めて伺うので、ごくたまにイメージと違ったなあと思うことがあります。

「見学させてください!」と入っていく訳にも行きませんし、路面店をジロジロ見ることもできないですよね(笑)。カフェや服屋さんのようにふら〜っと入ることもできません。

当店は、キッチンを通して美容室を知ることが可能です。サンドイッチができるまでの時間や、コーヒーを待つ間にご覧いただければ嬉しいです。

実は、「美容室」と「飲食店」を併設するスタイルは、実はもう少し先を見越していたのですが昨今の情勢もありテイクアウト専門店としてスタートに踏み切りました。

お店の目の前が公園なので、天気のいい日は公園で召し上がってくださる方も多いです。Woltも導入しているのでデリバリーもご利用いただいています。
これから、新メニューの開発や、メニューのリニューアルも控えていますのでぜひ楽しみにしていてください!





店舗情報
BENCH salon&kitchen
住所:〒980-0803 仙台市青葉区国分町1丁目3-25 PISO FORTUNA 1F
TEL:022-738-9809(両店共通)
営業時間:10:00〜17:00
定休日:キッチンのみ月曜日(祭日の場合営業、翌日定休)
BENCH salon&kitchen 公式Instagram

撮影:はま田 あつ美

TOP