02 食べる

八木山「cafe EDEN(カフェ エデン)」で過ごすのんびりランチタイム。

- 2021.03.26
URLをコピーする
八木山「cafe EDEN(カフェ エデン)」で過ごすのんびりランチタイム。

ようやく仙台も薄手のコートでお出かけを楽しめる季節になってきましたね。いつもより少し遠くへお出かけしたくなりませんか?

今回は、八木山にオープンしたばかりの「cafe EDEN(カフェ エデン)」に行ってきました! 建築設計事務所が手がけるカフェとのことで、どんな建物か楽しみです!

アクセス

仙台市営バス「八木山神社前」から徒歩10分。向山幼稚園の駐車場がある分かれ道を右へ、長い下り坂を歩きます。狭い道なので交通量は多くないですが、急な坂道もあるので高いヒールは控えた方が良さそうです。


坂道の終わりに差し掛かると現れる「Casa EDEN(カーサ エデン)」のサイン。隣の3つ並んだポストも印象的です。


建物の真っ白でシンプルな佇まいは、美術館みたい。



エントランスを入ると3つの扉があります。cafe EDENは向かって右手側のお部屋で、店内へは靴を脱いでスリッパで入店します。

自然光と木のぬくもりに包まれた店内



外観と同じく白と木目で統一された店内は、テーブルが4卓、合計10席でミニマム。
現在は週2日、ランチタイムのみの営業なので来店の際は予約がオススメです。


高い天井と、窓から柔らかく入る自然光で店内は明るく、気持ちがいいですよ〜!



色味が統一されていますが、よく見ると椅子は色々な種類。こちらのピーナッツのようなベンチは岐阜で作られたヒノキのベンチなのだそう。

スキレットで楽しむアツアツのドリアセット

アスパラガスとツナのホワイトソース
アスパラガスとツナのホワイトソース

ランチセットは2種類。それぞれメイン、スープ、サラダ、ドリンク、デザートがセットになっています。内容は月替わりなので、ぜひSNSでチェックしてみてくださいね。


サラダのドレッシングはちょっぴりスパイシー。フライドオニオンと細切りの生ハムがいいアクセントになっています。


スキレットの外側のカリッとした部分と、半熟トロトロの卵を軽く混ぜて……火傷に注意しながらいただきます!



ホクホクのアスパラと、ツナソースと卵のまろやかさ。やさしい味付けですが、チーズの旨味と香ばしさが全体を引き締めてくれます。これはアツアツのうちに食べたくて無言になっちゃいますね!

ジュワッとシズル感がたまらないキッシュトースト

紫キャベツとハムのキッシュトースト
紫キャベツとハムのキッシュトースト

キッチンから漂うガーリックバターの香りに私のテンションは最高潮!

いい匂いすぎて……笑いが止まりませんでした
いい匂いすぎて……笑いが止まりませんでした

おしゃれにナイフとフォークでいただこうかと思いましたが、私はかぶりついちゃいます!


少ししんなりしたキャベツとハムの旨味、そしてガーリックの香りと溢れ出すバター!
下から染み出ないギリギリのラインまで切り込みが入っているようです。耳の部分はサクッと、真ん中はジュワジュワっと食感の変化が面白いです。

デザート&ドリンクも丁寧なおもてなし

チョコケーキ|プリン
チョコケーキ|プリン

プリンはカラメルの苦さ控えめのねっとり系。甘いドリンクとも相性が良さそう。
なんと、このプリンは自家製卵を使用しているのだそうです!

チョコケーキはドライフルーツがたっぷり。どっしりした食べ応えで、コーヒーや紅茶とよく合います。一緒にいただいた紅茶の香りも良くて、うっとりしちゃいました〜!

お食事からデザート、ドリンクまでたっぷり楽しめるランチメニューは非常にお得に感じますね。

cafe EDEN セレクトの雑貨も要チェック!



店内で販売されている雑貨は、店主の菊地さんがセレクトしたもの。
中には、知り合いの作家さんへお願いをして作っていただいているcafe EDEN限定のアイテムもあるようです。スキレットドリアに使われていた可愛い鍋敷きも作家さんのアイテムで販売していましたよ〜!

店主・菊地さんへインタビュー

Cafe EDENの店主・菊地さんへオープンまでの経緯を伺いました。

店主・菊地さん
店主・菊地さん

ーこの場所にカフェをオープンした経緯をお聞かせいただけますか?

「MORI PLANNING」として設計事務所を隣で営んでおります。
この物件は「Casa EDEN」として賃貸を目的に建設したものです。その一室でカフェをやってみたいなと思い、2021年2月にオープンしました。


Casa EDENは現在、全て満室になっています。
cafe EDENも賃貸物件の作りになっているので、バスルームや2階にはお部屋がそのまま残っているんですよ。

ーお部屋の名前も「BENI(紅)」「AI(藍)」「SUMI(炭)」と印象的でした。ポストや扉が部屋名と同じ色になっているんですね。

そうなんです。お部屋の中にもそれぞれアクセントカラーが用いられていますので、カフェ店内でご覧になってみてください。


ーお庭にはプールもあり、工事中(?)のような場所もありますが、今後何かできるのでしょうか?

時期柄、何もないように見えますが畑になっています。これからの季節は、お庭の桜や畑の緑もお楽しみいただけると思います。「ペット連れでもいいですか?」とお問い合わせをいただくこともあり、現在はお断りしていますが今後展開があったらお知らせができるかと。


ー来店時は予約がオススメとのことですが、予約方法を教えていただけますか?

現在は週2日のランチタイムのみ営業中のため、ご予約でほとんど埋まってしまいます。
ぜひ、お電話、インスタグラム、WEBサイトのお問い合わせなどからご予約ください。

4月からは土曜も営業!

写真提供:cafe EDEN
写真提供:cafe EDEN

現在は火曜・木曜のランチタイムのみの営業をしているcafe EDENですが、4月からはトーストメーニュー、デザートメニューを中心に土曜の営業を開始します!
営業時間に予定が合いにくかった方はぜひこの機会に足を運んでみてくださいね。




店舗情報
Cafe EDEN
住所:〒982-0833 仙台市太白区八木山弥生町23-30 Casa EDEN SUMIIRO
TEL:090-6456-4005
営業日:毎週火・木
営業時間:11:30〜14:00
駐車場:4台
公式Webサイト
公式Instagram

撮影:はま田 あつ美

TOP